コロナウイルス感染症対応策 


전국적으로 신형코로나비루스 감염자수가 늘어나고 있는 상황속에서 우리 학교에서는 방역사업을 시기성과 현조건에 맡게 점검하고 안전대책을 철처히 세우고있습니다 .
보호자여러분들께서도 현상황에 맞게 각 가정에서 신형코로나비루스 감염방지대책을 철저히 세워주시고 학생들의 안전을 위하여 아래와 같은 내용을 참고로 적극 협력해주시기바랍니다.
 

全国に新型コロナウイルス感染者が増加している状況で学校では今後の防疫事業をその時の状況に応じ検討し安全対策を徹底しています。 
保護者の皆様も現状況に合わせて各家庭での新型コロナウイルス感染防止対策を徹底していただき園児児童の安全確保に為にも下記の内容を参考にご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 
 

2022年8月25日追加事項

新型コロナウイルス感染症第7波により、愛知県には「BA.5対策強化宣言」が引き続き発令されています。 

学校でも従来通りの感染予防対策を徹底しながら、教育活動を継続してまいります。 

つきましては、ご家庭でも下記のようにご協力をお願いいたします。 

 

■今まで「子どもは新型コロナにかかりにくい」という傾向がありましたが、現在主流になっている「オミクロンBA.5株」では子どもの感染率が増加しています。 

発熱や風邪の症状などがある場合は、必ず登校せずに自宅療養し、症状によっては医療機関に相談の上、受診するようにお願いいたします。 

→検温票を配布いたします。引き続き登校前に検温を行うようにお願いいたします。 

 

■また、BA.5株は潜伏期間が短くなっているのも特徴です。 

当面は、同居している家族が発熱したなど感染した可能性がある場合も、登校せず自宅待機するようにお願いいたします。 

→欠席扱いにはしません。また、学校ではリモート授業で対応いたします。(授業内容によっては行えない時間もあります) 

 

■感染や濃厚接触、予防のための欠席が多い現状況を考慮し、今学年度も「皆勤賞」を設けない事になりました。 

→感染症以外の病気やケガ、個々の事情による欠席日数は記録されます。 

 

■2022年7月22日から濃厚接触者の待機期間は5日間になっています。 

→7日間が経過するまでは、一定の発症リスクがありますので、健康観察やマスク着用などをご家庭でも徹底してください。 

→文部科学省の通達で、保育・教育の継続提供のため、幼稚園・小学校教職員の濃厚接触者は、2・3日目に抗原検査で陰性が確認できた場合、3日目から解除可能になりますので、健康状態を良く確認の上、勤務を再開いたします。 

→感染した場合の待機期間は、医療機関や保健所の指示に従ってください。 

 

■2022年8月19日に改定されたガイドラインでは、同じクラスの中で、複数の児童生徒等の感染が確認された場合であっても、個別の家庭感染など感染経路に関連がない場合などでは、一律的に学級閉鎖を行わないことも考えられる、とあります。 

こちらに従い今後は、クラスで感染が広がっている可能性が低い場合は、学級閉鎖期間の短縮するなど柔軟に対応していく事になります。 

 

■マスク着用も引き続き行いますが、運動会の練習やクラブ活動など、熱中症に罹る恐れが高い場合は、熱中症予防を優先いたします。 

 

■学校のエアコンは、熱交換換気システムにより、冷房と換気を同時に行えるようになっています。

2022年8月25日追加事項 以上 

  


△학생 및 가정내에서 신형코로나비루스 감염자와 농후접촉자가 발생,확인된 경우 즉시 학교에 통보해주셔야겠습니다.
(園児児童または家庭内で新型コロナウイルス感染者や濃厚接触者が出た場合、必ず学校に連絡をください。)


-    감염 및 농후접촉이 확인된 가정에서는 학교와 보험소에 즉시 통보하고 보건소의 지시에 따를것이며 학교에서는 가정과 보건소와 긴밀이 협의하여 적절한 대책을 세우겠습니다.
(感染または濃厚接触者が確認されたら家庭では学校、保健所に必ず連絡をしていただき保健所の指示を仰ぎ、学校は家庭、保健所と緊密な連携をとり対策を立てます。) 

-    학교에서는 개인정보보호의 관점에서 감염 및 농후접촉이 확인된 가정,개인을 공표하지는 않습니다.단 감염된 사실 자체에 문제가 있는것이 아니라는것,감염후 대책을 어떻게 세우는가가 중요하다는것을 옳게 리해하시고 협력을 부탁드립니다. 
(学校では個人情報保護の観点から感染者、濃厚接触者やその家庭を公表しません。感染や濃厚接触は誰にでも起こりうる事なので感染者や濃厚接触者が出た時点で早期に対策を立てる事が大変重要になります。そのためにも報告は怠らないようご理解ご協力の程よろしくお願いします。) 

●感染予防対策について
 ⇒毎朝、登校前に体温を計り、健康状態を確認してください。「体温記録表」を登校時に配布します
  ので、毎日必ず持たせてください。
 ⇒発熱や風邪の症状がある場合、登校せず症状がなくなるまで自宅休養するようにお願いいたしま
  す。(引き続き欠席扱いはしませんのでご協力をお願いいたします。)
 ⇒登校後に上記症状が出た場合、ご家庭に連絡し帰宅するようにします。
 ⇒校内では手洗い、咳エチケットを徹底するよう指導します。また、必ずマスクを着用するようにお
  願いいたします。
 ⇒教室内の換気を定期的に行います。授業中も窓を閉め切らず一部空けておきます。
 ⇒教職員も同様の対処を行います。
 
●感染もしくは感染者と濃厚接触が認められる場合の対応について
 ⇒「息苦しさ」「強いだるさ」「高熱」などの強い症状がある場合、「帰国者・接触者相談センタ
  ー」やかかりつけ小児医療機関にご相談ください。
※発熱や咳など軽い風邪の症状でも4日以上続く場合はご相談ください。
 ⇒学生園児、教職員から感染者が出た場合、自治体や保健所の指導に従い、臨時休校等の処置をとり
 ます。
 ⇒学生園児たちが感染者と濃厚接触したと認められた場合、最後に接触した日から2週間出席停止と
 し自宅待機になります。
 
●授業料等の児童園児納付金を出来る限り本校口座へお振込みください。
 ⇒振込先
イオ信用組合 名古屋支店 普通 1051795 名古屋朝鮮初級学校教育会
三菱東京UFJ銀行 中村支店 普通 5215935 名古屋朝鮮初級学校教育会
⇒イオ信用組合の各支店からの名古屋支店本校口座への振込は、手数料は掛かりません。お振込みでのご入金の際は、児童園児名と学年を正確にご記入ください。
 ⇒授業料等の児童園児納付金の受け取りは学校でも直接行っております。
 ‐平日9:00~15:00の間は教育会職員が事務室に常駐しております。
 
※現在、学校運営にかかる財源を確保することが非常に困難な状況にあります。
保護者の皆様に置かれましては、学校運営財源確保にご理解いただき、授業料等の児童園児納付金を出来る限り本校口座へお振込みをして頂きますよう、よろしくお願いいたします。

 


【授業での感染予防対策について】

2020.5.29作成

 

本校では、自治体からの感染予防ガイドラインに準拠して、各授業で特に感染リスクの高い学習活動は、当面の間行わないようにいたします。

これにより、一部科目で充分な学習活動が出来ない場合もありますが、感染予防を考慮しての対処になりますので、ご理解をお願いいたします。

 

【全科目共通】

●  教室ではできるだけ離れて座り、マスクを着用して授業を受ける。

● マスク着用により暑い日は熱中症予防のため、水分補給の時間を設けるなど配慮する。

●  常時、教室の窓を開けて換気を行う。雨天の場合も30分に1回を目安に換気を行う。

●  児童生徒たちが対面形式になる活動や密集する活動(グループ活動、理科での実験観察)は行わない。

●  近距離で一斉に大きな声で話す活動は行わない。

●  特別教室など共用のスペースや器具を使用する時は、授業前と授業後に必ず手洗いと消毒を行う。

特に感染リスクの高い活動が多い次の科目は、さらに気をつけて行っていきます。

 

【体育】

●  臨時休校期間中、児童生徒が運動不足になっていると考えられるため、準備運動を十分に行い、軽めの個人で行える運動から始める。

●  原則、屋外(運動場)で行うが、上記と同じ理由で暑さになれていないことを考慮し、熱中症対策を行い予防する。

●  マスクを外して行えるように、生徒間で十分な間隔をとって行う。

●  密集する運動や、組み合ったり接触したりする場面が多い運動は行わない。

●  他の子のタオルやドリンクボトル、コップなどは、絶対に使わないようにする。

 

【音楽】

●  講堂でそれぞれ2m離れて授業を受ける。

●  5年生は班別で授業を受ける。

●  大きな声での合唱は行わず、当面ハミングや小声での歌唱などの代替活動とする。

●  楽器演奏も、鍵盤ハーモニカ、リコーダーなどは運指を中心とした活動、低学年は木琴やカスタネットのみを取り扱うようにする。

 

※ 楽器メーカーなどが歌唱や楽器演奏によりどれくらい飛沫が飛散する恐れがあるかなどの、検証実験を行っています。

 現状、音楽授業は、ほぼ何も行えないような状況ですが、それらの科学的データを元に可能な音楽活動は再開していきます。


【その他】 

●子どもたちを登校登園させるのが心配な家庭は、学校へ連絡をください。

 ⇒当面の間、欠席扱いはしません。

●授業をZOOMでリアルタイム配信いたします。

 ⇒内容によっては配信が難しい科目もありますので、ご了承をお願いいたします。